HOYA/タクトTF1.6(中近両用)

フレームで(1組)

屈折率1.60(薄型)¥11,000-

遠近両用は実は『詰め込み過ぎ!』なんです。

レンズ1枚の面積は限られてます。その限られた中に遠用度数・中間度数・近用度数とたくさんの度数を詰め込み過ぎるとひとつひとつの視野の広さは非常に限られたものとなります。 特に遠近両用は近用度数がかなり下方に配置されてしまいますので、長時間のデスクワークにはやや不向きな設計となってしまいます。

遠近両用はすごいレンズなんだけど・・・・
1.遠くから近くまでのたくさんの焦点がある。 2.だから収差も多い(視界がボヤケる箇所がどうしても出来る)。 3.故に中間から近用の視野が狭い(レンズ下の狭い部分に限られる)。

(モニターの位置によっては)
アゴを上げないとうまく近くに焦点が合わない・・・

『欲張らないほうが楽!』と言うのが中近両用の設計

遠方度数の範囲を極力小さくすることで、上から下への度数の移り変わりが緩やかになり、両用レンズ特有のボヤケも小さくなます。中間から近くの視野が広くなります。

中近両用レンズは・・・・ ・室内での使用に特化した両用レンズ。 ・遠近両用より楽な姿勢でデスクワークが出来る。 ・運転時の使用はダメ!(遠くは見えにくい。)

中近両用は『遠くの見え方にはこだわらない!』という大胆な発想で設計されています。
レンズ上部から下方にかけての度数の移り変わりに無理がないため、ユガミやボヤケが少なくなり、中間距離から近くへの見え方が非常に自然になります。 車の運転には向きませんが、少し離れた位置のテレビ(3メートル前後)くらいなら見ることが出来ます。(慣れてくると近所へのお買いものくらいは出来てしまいます。)
開き直って考えてみると、運転以外はそんなに遠くを見ることって少ないんじゃないですか?
パソコン・スマホにタブレット・・・・そんな時代の移り変わりの中で今このレンズが注目されています。

実際のお客さまの声・・・・
1.2~3m先のテレビも見える。 2.スマホが見えやすくなった。 3.仕事が屋内だからこれひとつで充分。

中間の視野が広いので
屋内の視界が快適!!

今ならお得な中近両用セットもございます。

なんだかスマホが
見えづらい・・・

実は....見たいところにピントを合わす力はだんだんと弱くなっていくんです。

普段遠くは見えるけど、近くは見えにくい。。。

めがねをかけると遠くは見えるのに近くはしんどい。。。

めがねをかけたりはずしたり、、、、どうにかしたい。。

そんなあなたには

スマートメガネ

がおすすめです!

スマートメガネとは

中近両用レンズ(屈折率1.6)に
ブルーカットコーティングをセットする
ことによって
近くの距離を【らく~】【かいてき~】
スマートな視界を提供してくれるメガネなのです。!!

室内使用に適したパワーレイアウト

屋内での遠方視を考慮して(斜め上位置の壁時計やカレンダー)遠方度数を極力上部に配置。中間度数は中央に広く配置し、パソコンのモニター類・デスク上は無理のない自然な視界、書類やスマートフォンは下方の近用度数でサポート。
レンズ上部~下部への度数変化が緩やかになっていますので、遠近両用にみられる独特の違和感を軽減、室内環境に適応した快適な奥行を提供します。

さらにブルーカットコーティング

パソコンモニター・スマートフォン等から多く発せられる『ブルーライト』は非常に乱反射しやすく、最近では加齢黄斑変性などの原因となる恐れなど、目に与える負担が懸念されています。
ブルーカットコーティングは文字通りブルーカットを軽減し、コントラストをアップ。快適な視界と目の健康をサポートします。

セット価格+¥4,000-(料金追加)で1本を
スマートメガネ変更出来ます。

例えば....

1つめは、スマートメガネ(アリオスルーム1.6 BP)
2つめは、運転専用メガネ(単焦点標準レンズ)
3つめは、近く専用メガネ(単焦点標準レンズ)

にすることが出来ます。

基本価格『3本5000円』に+¥4000で1本をブルーカット付き中近両用(スマートメガネ)に変更出来る!かなりお得なキャンペーンです。
中近両用だけでなく、他2本の単焦点メガネ(度数強め・ゆるめ)をお付け出来る『死角なしの3本セット』が合計¥9000です。
この機会にぜひお試しください。